· 

*ライトドローパフォーマンスについて

ライトドローのメイキング映像です。
即興セッションを元にしており、音に舟橋孝裕さん、梶藤奨さん。映像制作を月永進さんにご協力いただきました。(2018年2月制作)


音楽とのライブペイントをきっかけに、ライトドローと呼び活動し、さまざまなジャンルのアーティストさんとご一緒させていただいています。
色に、共演する表現や、私自身を投影する面もありながら、偶然と必然、作為と無作為、内と外、相関的に立ち現れる風景に惹かれ、また、摂理を確かめるようなパフォーマンスの行為にも、魅力を感じ、活動を重ねてきました。
生まれ続ける風景に、根源的なエネルギーやいのちそのもの、概念化や言語化する以前にただ存在するもの。そんな存在にふれているような心地もします。